プラセンタ組織療法の働き

Tel.0947-44-1133

効能

効能プラセンタ組織を注入することにより、人間の器官や組織の細胞の働きが活性化され、全身の新陳代謝が盛んになります。そして、病気に対する抵抗力や、自然に病気を治そうという力を高めていきます。ホルモンのバランスが整ってきたり、自律神経にも作用します。

プラセンタ組織療法により身体全体の不調が正常化し、また強化される事により様々な症状が改善されていきます。これら一連の作用によりアンチエイジング効果も期待されます。

主な効能として

  • 生体の新陳代謝を盛んにする
  • 全身の血液循環(血のめぐり)を良くする
  • 病気に対する抵抗力(免疫力)、自然治癒力を高める
  • 活性酸素を排除する
  • アレルギーを起こさないようにする
  • 様々な炎症をおさえる
  • 細胞の機能を活性化する
  • 自律神経を調節する
  • ホルモン分泌を調節する
  • 細胞の再生力を高める(時に神経細胞も再生する)
  • その他、食欲増進、疲労回復、便通改善、精神安定、意欲向上など

※効果は病歴や体質などにより個人差があります。

効果が期待される疾病や症状

プラセンタ組織療法は多彩な効果をもたらしますので、幅広い疾病や症状に有効とされています。当クリニックにてプラセンタ組織療法を受けていた患者さんではメニエール病のめまいや気管支喘息の発作が起こらなくなった、関節リウマチやアトピー性皮膚炎の患者さんがステロイドを使用しなくて済むようになった、潰瘍性大腸炎の増悪が起こらなくなった、また悪性疾患治療中の副作用がかなり軽減したなど個人差はありますが、非常に良い効果の出た症例が多数あります。この療法を受けた患者さんからおかげで「元気が出た」、「疲れなくなった」、「風邪をひかなくなった」という声もよく聞きます。

原クリニックでの症例にて特に代表的なものを以下に記します。

内科系 気管支喘息、肝炎、肝硬変、潰瘍性大腸炎、慢性気管支炎、腎炎、胃炎、脳脊髄液減少症、膠原病、頭痛、めまい、メニエール病、クローン病、パーキンソン病、糖尿病、高血圧症、食欲不振、各種慢性疾患など
外科系 関節リウマチ、肩こり、腰痛、膝痛、関節炎、変形性関節症、神経痛、腱鞘炎、痛風、手術後の体力回復、運動器症候群、各種慢性疼痛など
産婦人科系 更年期症候群、乳汁分泌不全、生理痛、生理不順、冷え性、不妊症、子宮内膜症など
皮膚科系 アトピー性皮膚炎、湿疹、蕁麻疹、乾燥肌、乾癬、シミ、肌荒れなど
精神科系 自律神経失調症、うつ病(うつ症状)、不眠症、拒食症、不安神経症、てんかんなど
耳鼻科系 アレルギー性鼻炎、花粉症、慢性副鼻腔炎、慢性中耳炎、慢性扁桃炎など
泌尿器科系 前立腺肥大症、慢性膀胱炎、勃起不全、精力減退など
眼科系 視力低下、眼精疲労、視神経障害、白内障、緑内障、角膜炎、結膜炎など
各種悪性疾患 QOL(生活の質)の向上、がん治療による副作用の軽減など
その他 虚弱体質、慢性疲労、アンチエイジング効果など
Tel.0947-44-1133